ホルムアルデヒド検出試験

シックハウス症候群の起因となる「ホルムアルデヒド」の検出試験を財団法人静岡県生活科学検査センター

にて実施しました。

 

まず、検体を入れずに行う「ブランク試験値」を測定したところ0.01mg/L未満という結果でした。

続いて「テラ・デコール」を検体として行った実験結果は、何もない状態で行った「ブランク試験値」と

同じ0.01mg/L未満と測定されました。

 

つまり、この実験によって「テラ・デコール」はシックハウスとは無縁のノンホルム塗り壁材だということが

実証されました。

 

*分析の方法 JIS K-5601-4-1

 

ホルムアルデヒド検出試験.pdf
PDFファイル 5.5 MB